米国のアラガン製ボトックスを使用した人気のプチ整形ブログ:16/3/27


「背中を洗ってくれないか」
と、親父に言われた。
この親父というのは、実は嫁の親父である。

ボクは一瞬戸惑ったが、
「え?!あっ!はいっ」
と言いながらタオルを構え、親父の背中にあてがった。

初めて親父の背中というものに触れた。
なんか丸っこくて大きくて、何だかゴツゴツしている。

上手に洗ってあげようと思えば思うほどうまくいかない。
タオルがねじれてしまう…

今度は親父がボクの背中を洗ってくれるらしい。
ボクは静かに親父に背を向ける。

親父は、なんていうか、力加減を知らない。
すごく力強くて、体についている必要なものまで
洗い流されてしまいそうな感じ。

思わずボクは、身をよじってしまった。
「すまん」親父は申し訳なさそうに、
「むすこの背中を洗うのは難しいな」と言った…

ボクは物心のついたころから、
女手ひとつで育てられてきた。

我が家に親父がいないことを悲しがらなかったのは、
母の育てかたが上手だったからだと思う。
溢れんばかりの愛を注いでくれたので、
ボクはとても幸せだった。

とは言え
親父のことを思わなかった訳ではない。

ただ、そのときボクがイメージするものは
どれも好感の持てないものばかりだった。

無口!ガンコ!厳しい!
正直、「親父は怖い」という印象しかなかった。

そんなボクに父ができたのは、
ボクが結婚をしたからだ。

嫁の親父は、ボクにとって不思議な存在だった。
格好なんてつけない。不器用だけどまっすぐ。褒められると照れ隠しする。
大きなお世話なことばかりする…

ボクは、親父というものに対する印象が
まるっきり変わった。


小平つかさのコツ
http://www.happinist.net/

ゴミ箱はこちら
http://www.gomibako-ism.com/

スピリチュアル 恋愛の詳細
http://spiritual-info.com/happy/

全身脱毛 新宿の最新情報
http://xn--z9jtbt46bs25k07m8mq8tlry0cyf2a.com/