強い歯を形成するインプラントについての情報をお届けしています。
非常に丈夫な歯を作るインプラント

非常に丈夫な歯を作るインプラント



非常に丈夫な歯を作るインプラントブログ:14/12/18


ダイエット中の炭水化物との上手な付き合い方は、
時間帯によって炭水化物の摂取量を調整することです。

炭水化物は
10時は食べても脂肪として蓄積されにくいのですが、
17時になると脂肪として蓄積されやすくなるからです。

脂肪がからだに蓄積される要因として、
「インスリン」というホルモンが関係しています。

このインスリンは、
からだに脂肪を蓄積させる作用を持っています。

インスリンは
炭水化物や糖類を多く摂取すると分泌量が増え、
脂肪の蓄積を促進させてしまいます。

だったら
「炭水化物を摂らない方がいいんじゃない?」
と思うかもしれませんが…

炭水化物は
からだのエネルギー源として重要な栄養素ですので、
全く摂らないのはダメです!

重要なのは
「適切な時間帯に適量摂る」ことです。

17時は、インスリンの分泌が高まるので、
摂取した炭水化物はエネルギーとして使われにくく、
脂肪として蓄積されやすくなるのですが、
10時は脂肪として蓄積されにくいのです。

炭水化物を摂らないのではなく、
正しい知識で摂取すれば、脂肪の蓄積を抑えることができます。

多くの人は
「炭水化物=太る」と認識していますが、
これは正しくもあり大きな間違いでもあります。

摂らないのではなく、
正しく摂る!のが大切なんです。

10時は24時間のエネルギーを蓄えるため
炭水化物を適量摂るようにして、
24時間の後半の食事になるほど
炭水化物の摂取量を抑えるようにしましょう!

このように
炭水化物を摂る時間帯を調整することで、
からだに必要なエネルギーはしっかりと摂取できる上、
からだに脂肪が蓄積しにくい食生活となるのです。

・・・と、こんな事書いてみる
非常に丈夫な歯を作るインプラント

非常に丈夫な歯を作るインプラント

★メニュー

非常に丈夫な歯を作るインプラント
皮膚のニキビに対する治療後に正しくニキビ跡の治療
注射リフトは品川にある優良美容外科を利用
美容皮フ科でレーザー治療
医師募集を探しているなら湘南美容外科クリニック
ホワイトニングはいわゆる歯科とは異なる
神奈川の美容外科を利用してレーシック
米国のアラガン製ボトックスを使用した人気のプチ整形
皮膚美人を目指す!肌の若返りを実現
ケミカルピーリングで美肌若返り


ページ先頭 ページの先頭へ
トップに戻る トップに戻る
友達に教える 友達に教える
(C)美しさをさらに追求する美容整形ガイダンス