非常に丈夫な歯を作るインプラントブログ:16/5/06


基礎代謝量が高いとダイエットに有利なんですが、
体温、つまり平熱を上げると基礎代謝量が上がります。

体温が高いということは、
体質がエネルギーを燃やして、熱を作っているということになりますから、
何もしないでも消費されるカロリーが高いことになるわけです。

ちなみに
体温が1℃上がるだけで、
基礎代謝量は約12%もアップすると言われています。

体温を上げることは、基礎代謝量を上げるため、
ダイエットを成功させるためにとても大切なことなんですね。

皆様は夏場、
クーラーをつけっぱなしにしてはいませんか?
冬場には、ホットカーペットやヒーターに頼ってばかりいませんか?

室温を高くしすぎると、体質が自分で熱を作ろうとしないので、
体温が低くなってしまう傾向があります。

基礎代謝量を上げるには
冷暖房を使いすぎないようにすることも大事なポイントなんです。

またご飯にも体温を上げる単純なコツがあります。
食品には、体質を温める食品と、体質を冷やす食品があります。

温める食品は根菜などが代表的ですよね。
暑い時期に旬な食品は冷やす作用、
寒い時期に旬な食品は温める作用があることは、
皆様ご存じですよね?

でも、
体質を冷やす食品を
摂ってはいけないということではありません。

組み合わせを意識して、
体質を冷やす食品だけをとらないようにしましょう。

調理法も関係してきます。

例えば、
うどんがいくら体質を冷やす食品だといっても、
温かいうどんを食べれば体質は温まります。

そんな簡単な方法で、体温もあがりやすくなるんですね。

あくまで、
日々の適度な体操の効果を高めるためのものですから、
エアコンを使わずに温かいものだけを食べれば
痩せるということではありませんよ!

―地球滅亡まであと427日―

iphone修理
http://www.applekuni.com/